効率良く問い合わせに対応するなら|電話代行サービスを利用しよう

従業員

マーケティングを自動化

握手

マーケティングオートメーションとは、人の手で行ってきたマーケティングを自動化することです。マーケティングオートメーション用のツールを導入すれば、コスト削減が可能になります。データベースの管理を強化できるでしょう。

営業活動を科学する

男性女性

営業活動は個人の能力に大きく依存していましたが、これを科学的に分析して、だれもがその活動を見えるようにしたものが、SFAというシステムです。SFAを導入することで、顧客や案件の状況を即座に把握することができ、適切なアドバイスや行動分析など幅広く使えるのです。

事業の円滑化のために

男の人

事業が軌道に乗ってくると、複数の店舗や事業所を持つことになります。そういった際にはマニュアル作成をする必要があります。マニュアル作成は自社でもできますが、効率的に考えると、プロに外注するのがオススメです。

新規顧客を獲得するには

電話する人

判断するポイント

新たな事業を始めたり、新商品が販売されると、お客さんからの受注の電話や問い合わせが頻繁にかかってくることがあります。電話を受ける人員が少ないと、電話に出られないため、新規のお客さんを開拓することができません。電話回線を増やしたり、人員を増やせば経費がかかるので、電話代行サービスを取り入れる企業は増えています。電話代行を行っている会社は沢山ありますが、サービス内容や料金体制も様々です。企業の業務に沿ったサービスを行っているか、オペレーターの質が良いか、明確な料金体制かが、電話代行会社を判断するポイントとなります。24時間対応している電話代行会社や、商品の受注や説明を行ってくれるところ、問い合わせ窓口やクレーム処理の取り扱いなど、各会社ごとにサービス内容は多様にあります。企業の方向性に合うサービスのところを選べば、円滑に業務を進めてもらえます。料金体制は、基本料金にプラスしてオプションをつけていくというプランが多いです。基本料金のサービス内容が薄ければ、オプションをどんどん追加していかなければいけなくなります。基本料金のサービスが充実していれば、必要なオプションをつけるだけで良いので、無駄な経費を抑えられます。企業の電話に注文や問い合わせをするのが初めてのお客さんもいるので、オペレーターの接客対応で、企業のイメージの良し悪しが判断される場合もあります。第一印象になるわけですがら、しっかりとしたまなーのある丁寧な対応力が必要となります。高品質なオペレーターが揃っている電話代行会社を探しましょう。